代理店には色々と

代理店の募集広告ってたまに見かけますが
代理店とフランチャイズってイメージ的には同じように受けとれますが
相当違うと代理店を募集しているサイトに書いてました
 

自分が興味を持たない限りそんなことはどうでもいい事ですし
フランチャイズの代表はコンビニでその言葉は耳にするけど
オーナーになるために大きな金額が必要なんだろうって事位は分かるけど
それ以外は知らない人がほとんどでしょう
 

代理店といえば旅行代理店とか保険代理店を知っていますが
前者は旅行に行く時に利用するので多くの人が知っているでしょうし
保険代理店は町の板金屋や車の修理をしている工場に看板があるので
ほとんどの人が目にした事があるのではないでしょうか
 

旅行の代理店は交通機関(飛行機や電車)のキップ
ホテルや旅館の部屋の販売を代理に行うという意味で使用されているのでしょうし
保険会社は大きな会社が多いので地域に密着している会社に販売を
代わりに行ってもらうという意味で使用しているのでしょう
 

保険に関して言えばインターネットの普及で代理店を利用しないで
直接販売するケースが多くなっているでしょうから
代理店の力も少し弱くなっているのかもしれません
 

分かりやすく考えると販売を他社にお願いしたい場合
代理店という制度を利用するということなのでしょう
販売本部からいうと利益が少なくなる代わりに売れる可能性が広がる
また営業を雇わないで済むので固定費が抑えられるという
メリットがあるようですが、直接販売しないと売れない本当の理由が
掴みにくいので普及する前に頓挫することも多いようです

 
フランチャイズ・代理店募集ならイーコネクション

ペットの捨てる不届者

さかりの時期になるとあちこちで野良猫が騒ぎだしますよね
昼間ならまだしも、夜行性だからでしょうから
夜になって騒ぎ出すことが多いですよね
 

寝不足になるので、何とかして欲しいものですけどね
飼い猫でも、この時期になると外で騒いでいて、家に帰ったりしないのでしょうか?
ひとり暮らしのマンションとかなら、家の中だけで飼う事も可能かもしれませんが・・・
 

そもそも野良猫がいなくならないのは
いつまでも飼っていた猫を、誰かが捨てているって事になるのでしょうか?
他の動物にしてもそうですが、飼えなくなったら捨てるという行為をなくすためにも
ちゃんと売ったり飼ったりするのを、届出制にして管理する必要があるんじゃないでしょうか?

 
税金を取れとまではいいませんが、勝手気ままに飼って
捨ててなどという事をなくすためには
そういった制度も必要なのではないでしょうか?
そんなことまではしたくないのですが、このままの状態が続くようであれば
罰則も必要と判断される日がくるかもしれませんね
 

もしくはペットを買うときはその個体のDNAを行政に届けなければ
買う事はできないというのはどうでしょうか?
DNAが分かれば飼い主も簡単に捨てる事が出来なくなりますからね
 

日本はなんでも性善説ですが
モラルの低下が顕著に表れていると感じている人も少なくないと思いますから
こんな法案がいつでてもおかしくないのかもしれません

フランチャイズオーナーも労働者?!

コンビニのフランチャイズオーナーが労働者かどうかの
問題があり東京都労働委員会からオーナーも労働者なので
加盟店主らで作る労働組合との団体交渉に応じないのは
不当労働行為にあたると認定し、団交に応じるよう勧告したそうです
 

フランチャイズのオーナーは経営者といえばそうですが
実態はオーナー自身が一生懸命働かないと儲からないのが
実態でそのような話はネットで検索すると
いくらでも出てくるわけで
 

アルバイトを雇って全部業務をやらせたら
儲からないのは有名な話ですから
体のいい労働者としてフランチャイズ本部からは捉えられて
いるのではないでしょうか
 

立地場所の良いお店ならば従業員に働かせても
十分収支は見込めるのかもしれませんが
このコンビニ戦国時代ですから競合相手も出店してきて
どこでも競争は激しいでしょうし
 

最近はアルバイトやパートを集めるのも
大変になってきてますし時給も上昇傾向ですから
フランチャイズオーナーが働かないでいられるところは
まず無いのではないでしょうか
 

フランチャイズに加盟する時は本部から良い話しか聞きませんし
加盟社側も前のめりで後先考えずに・・・
なんて人も多いでしょうから
やはりフランチャイズに加盟する時は
慎重すぎる位慎重に検討した方が良いのでしょうね
 

オーナーも労働交渉が出来るようになれば
もう少し職場環境が改善される可能性もかりますから
今後の動きが気になるところではあります